鼻にボツボツした黒ずみができてまるでイチゴみたい…、頬のあたりの毛穴が全開で目立つ…など、毛穴トラブルの悩みはつきないものです。

 

いろいろ対策はしてみるけど、結局はファンデーションなど化粧で隠すことに頼ってしまう、という方におススメしたいのが炭酸水で行う毛穴対策です。

 

今回は毛穴にトラブルが起こる原因と、それを炭酸水でどのようにケアできるのかについてご紹介します。

 

毛穴トラブルの種類と原因

毛穴トラブルには、大きく分けて「黒ずみ」と「開き」の2種類があります。

 

黒ずみは皮脂の詰まりが原因になることが多いです。

 

肌表面に分泌された皮脂が酸化すると、メラニンが増えて毛穴の黒ずみにつながります。

 

皮脂分泌が多い20代によく見られる症状で、鼻や眉間、あごの中央あたりにできる傾向があります。

 

皮脂の分泌はホルモンバランスの崩れなども影響しますが、それ以外にも、洗顔時にこすることで肌のバリア機能を傷つけ、そこを守るために皮脂が過剰分泌することもあります。

 

不十分な保湿や、ターンオーバーの乱れによる肌の乾燥なども皮脂の過剰分泌につながります。

 

潤いを失った肌は外部からの刺激に対して防御する力が弱まっているため、肌はバリア機能を高めようと皮脂を分泌させるのです。

 

皮脂だけでなく、加齢などでターンオーバーが乱れることで残された古い角質も毛穴をつまらせることがあります。

 

また、しっかりメイクが落とせていない、洗顔が足りていないことで肌に汚れが残ると、それが毛穴に溜まって黒ずみになることもあります。

 

毛穴は本来、皮脂を出したり汗を流したりなど、必要のあるときに開き、それ以外はきゅっと閉じている状態になります。

 

当然、そこに汚れが詰まると毛穴を閉じることはできません。肌にボツボツとした黒ずみがあるということは、毛穴が開きっぱなしの状態でもあります。

 

そのほかにも、毛穴が開きっぱなしにする原因があります。その主なものは以下になります。

 

たるみ毛穴

毛穴が縦長の楕円形状に広がってしまう状態になります。

 

原因として考えられているのが、加齢によって肌の土台となるコラーゲンなどが減少することです。

 

ほかにも、保湿の不足、表情筋が凝ったことによる引き締め力の低下、肌の代謝力が落ちたことも「たるみ毛穴」につながります。

 

帯状毛穴

たるみ毛穴が進行すると、開いた毛穴がつながってシワのように帯状になってしまします。

 

原因はたるみ毛穴と同様ですが、それに加えて空気の乾燥なども影響するといわれています。

 

なぜ炭酸水で毛穴対策ができるのか

ここまでお読みいただき、毛穴の黒ずみや開きなどのトラブルの主な原因に、皮脂などの汚れ、加齢による代謝の低下、そして保湿力不足による乾燥などが関係していることがおわかりいただけたと思います。

 

それらの対策として、非常に優れているのが炭酸水で行うスキンケアです。

 

と聞いて、炭酸水でスキンケア? と思われた方も中にはいるかもしれませんが、実は炭酸水は美容面でも注目されているのです。

 

いよいよ、なぜ炭酸水で毛穴対策ができるのか、その理由にせまっていきましょう。

 

ポイント1 汚れがしっかり落とせる

メイク汚れを落としたいから、あるいは皮脂の多いのが気になるからといって、洗顔剤などで顔を洗いすぎるのは逆効果になることがります。

 

肌は非常にデリケートで、手のひらでちょっとこすっただけでも肌表面の角質などが削りとられて、肌が薄くなってしまう危険性があるのです。

 

そうして肌が薄くなるとバリア機能が弱まるため、それを守るために皮脂が余計に分泌される結果になります。その皮脂を落とそうと、また一生懸命に洗顔する…を繰り返していては悪循環です。

 

炭酸水には皮脂を溶かす働きがあります。付けるだけでしっかり洗い流してくれるので、ゴシゴシこすって肌が傷つくこともありません。

 

また、肌に残った古い角質も柔らかくして落ちやすくしてくれます。

 

メイク汚れなどに対しては、炭酸水の発泡力が役に立ちます。炭酸水が毛穴に入り込み、そこに残った化粧品の成分を炭酸の泡で包んで取り除いてくれます

 

この炭酸水の肌に残った汚れをしっかり落としてくれる働きが、毛穴トラブル対策に優れる理由の1つです。

 

ポイント2 肌の新陳代謝を活性化させる

毛穴の開きは汚れだけでなく、加齢などによるたるみや乾燥なども原因になります。その対策には、外側からだけでなく内側からのケアも必要になってきます。

 

炭酸水を飲むと、炭酸水の成分である二酸化炭素の働きで血行が促進されます。その作用は、炭酸水を直接肌に付けることでも得ることができるのです。

 

肌の下の真皮層には無数の毛細血管が張り巡らされています。炭酸水で洗顔などを行うと、肌から二酸化炭素が入り込みます。

 

二酸化炭素は最終的に体外に排出されるものです。そのため、からだは入り込んできた二酸化炭素を血液中に回収するように働きます。

 

そのときに必要となるのが酸素です。からだは増加した二酸化炭素を回収しようと、酸素がたっぷりふくまれた血液を送り込んできます。

 

二酸化炭素を回収するのと交代で、やってきた酸素は、一緒に運んできた栄養素などともに細胞の代謝を行います。それが、肌細胞の新陳代謝につながるのです。

 

二酸化炭素で肌の新陳代謝が活性化されることで、ターンオーバーの健全化による肌の若返りが期待できます。

 

ターンオーバーがしっかり行われることで、毛穴開きの原因になる肌のたるみの解消にもつながります。保湿力も取り戻せるので、乾燥対策も行えることができます。

 

内側から肌細胞を活性化してくれることが、炭酸水スキンケアの優れた理由の2つ目です。

 

炭酸水で毛穴をケアする方法

炭酸水は肌表面の汚れをしっかり落とし、内側から肌をゲンキにしてくれますが、その効果を実感する方法は実にカンタンです。

 

洗顔

スキンケアの基本である洗顔に炭酸水を活用してみましょう。

 

普通の洗顔剤で洗ったあと顔を炭酸水ですすぐだけでも効果的ですが、水の代わりに洗顔剤を炭酸水で泡立てれば、炭酸成分を長く肌の上に乗せておくことができます。

 

炭酸水の働きで、皮脂や角質を落とし、肌に残った汚れも吸着してくれるので、洗うというよりも肌に乗せて優しくなでてあげるようにするだけでじゅうぶん効果を発揮してくれます。

 

パック

炭酸スキンケアでもっともメジャーなのが炭酸パックです。

 

ジェルに炭酸ガスをしみ込ませた市販品もありますが、はじめての人向けにカンタンに炭酸パックできる方法をご紹介しましょう。

 

炭酸水をコットンに含ませて肌に乗せるだけ。それでOK。肌からダイレクトに二酸化炭素が入っていき、肌の新陳代謝を活性化してくれます。

 

ふき取り化粧水

炭酸水の皮脂を溶かしたり、角質を柔らかくしたりする性質を生かして、ふき取り用の化粧水としても活用してみましょう。

 

乾燥する季節のごわつき対策、紫外線が強い夏場などの肌ケアにピッタリです。

 

この化粧水は自作もできます。

 

方法は、エタノール1㏄にエッセンシャルオイル1滴を、炭酸水100ミリリットルに混ぜるだけです。

 

ペットボトルのふたを閉めて混ぜますが、発泡してしまうので決して縦には振らず、ゆっくり回すように振ってくださいね。

 

炭酸水で行う毛穴対策を試してみようと思って頂けたでしょうか?

 

毛穴の黒ずみや開きは、体質や環境、年齢などいろいろな条件が重なって起こるため、これが決定的な対策というものはなかなかありません。

 

じっくり取り組んでケアすることが大切です。

 

世の中にはお金をかけた対策方法はたくさんありますが、本当にそれが効果的かどうかわからないからと不安に感じている方は、まずは手軽に始められる「炭酸水スキンケア」からお試しください。